国連 持続可能な開発のための教育の10年


持続可能な開発のための教育の10年(ESD)さいたま
ESD−S


こどもと地球の平和な未来をつくる教育


 「国連 持続可能な開発のための教育の10年」(ESDの10年 2005−14)が始まっています。
  
(ESD The UN Decade of Education for Sustainable Development )
 
”こどもと地球の平和な未来をつくる教育”「持続可能な開発のための教育(ESD)」は日本のNGOが日本政府と国連ヨハネスブルグサミットで提案し、国連総会で決議されました。この決議により各国で「国連 持続可能な開発のための教育の10年」という教育プログラムが2005年から14年まで実施されます。

 「国連 持続可能な開発のための教育の10年」でいう「教育」とは現在の教育に新たに加えて行うものでも、こどもの学力向上の教育や大人の教養教育ではないのです。こどもや地球に未来がなくなりつつある「持続不可能な社会」を現在行われている環境教育・福祉教育・平和教育・開発教育・人権教育・多文化共生教育・ジェンダー教育など様々な教育の実施者が協力し合って地域のまちづくりや多様な活動とつながって地域で持続可能なまちづくりを行い、そこから持続可能な地球社会を目指すための教育です。

  つまり、 ”こどもと地球の平和な未来をつくる教育”です。

 本年、日本でも政府による国内行動計画が策定され、この計画で家庭教育、地域教育、学校教育、高等教育、企業教育、公益団体・社会福祉法人の教育、地方自治体の社会教育・生涯学習、NPOの自主教育などで「対話とパートナーシップ」の原則に基づいてこの持続可能な開発のための教育(ESD)が実施されることになります。また、この ”こどもと地球の未来をつくる教育”「国連 持続可能な開発のための教育の10年」を推進するために政府も内閣府を中心に「国連持続可能な開発のための教育の10年関係省庁連絡会議」を設置しました。


★実施


■「ESD地域・学校教育連携フォーラム」シリーズ   「ESD地域・学校教育連携フォーラム」は、県・県教育委員会、市町村・教育委員会と協働で市民・NPO、地域・学校・行政、中間支援組織が集まり、市民・団体、教員・学校の事例発表と地域と学校で推進するESDの内容・方法を討議することで、ESDの普及、推進を行なっている。

■ESDワークショップ「ESDですすめる」シリーズ  ESDワークショップ「ESDですすめる」シリーズは市民、民間、学校、行政でのESDの推進主体の形成を目的として行っている。


■「市民が発信する平和」シリーズ  「市民が発信する平和」シリーズは、平和を伝え、発信している市民が持続可能な「平和の文化」を築くことをESDとして受け止め持続可能な社会づくりの推進を目的として行っている。

■大学・学校プロジェクト  大学・学校プロジェクトはESDで大学・学校と地域との連携によって持続可能な社会づくりを目指すことを目的として行っている。

■企業のサステナビリティ経営プロジェクト   企業のサステナビリティ経営プロジェクトは企業でのサステナビリティ〔経営持続可能な経営〕ためのESDを討議しすすすめることで、社会と企業を持続可能にする目的として行っている。

■持続可能なスキーム研究会〔旧 自分のまちで仕事をつくろう〕  持続可能なスキーム研究会は社会を持続可能にするスキームを検討し、それを実現するというひとつのESD実践により具体的な事業を起こすものである。


★ESD県内地域ミーティング・ESD研修開催

 「持続可能な開発のための教育の10年さいたま」は2003年の設立以来、2004年にはESD-J の埼玉地域ESDミーティング『持続可能な社会を協働で築こう!』(東松山)、2005年には地域再生フォーラム『人・森・地域いきいきフォーラム』(飯能)を持続可能な開発のための教育の10年推進会議(ESD-J)やNGO、地域、学校等と開催しました。  今後も「持続可能な開発のための教育の10年さいたま」ではいろいろな方々と「対話とパートナーシップ」により「こどもと地球の未来をつくる教育−持続可能な開発のための教育の10年」を進めるために各地域でESD県内地域ミーティング・ESD研修を開催します。  その教材として「ESDが分かる」( カラー版20P : 持続可能な開発のための教育の10年推進会議(ESD-J)発行)を用意しております。

 「ESD」について、また、ESD地域ミーティング・ESD研修開催についてご相談ください。

(但し、このESD県内地域ミーティング・ESD研修は多様な人々や団体、企業、公益団体、自治体と「対話とパートナーシップ」で進めるものですが、営利事業でないことをご承知ください。)


  ★広域・県域でのESD推進ま方法について03年度からの実績をもとにまとめました。

「広域・県域でのESD推進」 持続可能な開発のための教育の10年さいたま



 
 持続可能な開発のための教育の10年(ESD)さいたまは、2003年6月2日 内閣総理大臣宛に「国連持続可能な開発のための教育の10年(DESD)」に向けた政府の取り組みに対する要望書「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)と提出しました。(賛同団体として)
  2006年の政府の「わが国における「国連持続可能な開発のための教育の10年」実施計画案」に対するハブリックコメントを募集しました。

   
             情報提供として下記の「こどもと地球の平和な未来をつくる教育」を運営しています。


                     こどもと地球の平和な未来をつくる教育 国連 持続可能な開発のための教育の10年
                        
   (略称 ESDのプログ)
                         

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 350-1174 埼玉県川越市かすみ野2−8−4 e-mail info-lab@cyber.email.ne.jp
  (できれば、メール(携帯も可)でご連絡くだされはうれしいです。)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★★★★



2008年


 持続可能な開発のための教育の10年さいたまレポート2008



 ESD地域・学校教育連携フォーラム
(8/22.8/25)




















2007年





















2006年



                       
                             

                

            

                

 

               関東圏持続可能な開発のための教育の10年ブロックミーティング


                

                


                          


平和と環境の学びによって拓く持続可能な未来、ESDの演劇的手法ワークショップ「持続可能なまち」、
環境と福祉の学びによって拓く持続可能な未来、まちづくりと福祉の学びによって拓く持続可能な未来、想いを伝える持続可能な開発のための教育、今年も「BEE」が自転車で日本縦断中〜稚内から辺野古へ



2005年

 

ESD全国ミーティング “未来をつくる教育をつくる”  

   2月5日(日)  JICA国際総合研修所


  ESD地域ミーティングコーディネーター会議  

   2月4日(土)  JICA国際総合研修所


ESDとちぎミーティング  ●講師

   12
月17日(土) 宇都宮大学

ともに創る未来のための学びのネットワーク連続フォーラム  プロローグその2  ●講師

  それぞれの取り組みを通して見る「学び(教育)の10年」    

   9月27日(火)19:00〜21:00  ところ いたばしボランティア・NPOホール

 
地球温暖化防止   ESDの推進

   人・森・地域いきいきフォーラム −飯能市小岩井・自由の森で考える   ●共催


    共催 さいたまグリーン・エコツーリズム協議会 自由の森学園 会員団体

     【日時】 9月18日(日) (終日予定)

     【場所】 自由の森学園 (多目的ホール) 
 


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


             持続可能な開発のための教育の10年さいたま地域ミーティング

  
             持続可能な社会を協働で築こう!報告         

      

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★★★★★★


                        持続可能な社会を協働で築こう!

                      −持続可能な開発のための教育の10年さいたま地域ミーティング



 日本がサミットで提案し、国連決議により2005年より世界中で10年間行われる「持続可能な開発のための教育の10 年」の開始にあたって、さいたまでも「持続可能な開発のための教育の10年さいたまミーティング」が行われます。


  日  程 2004年12月11日(土) 10時〜 

  場  所 埼玉県東松山市 市民文化センター(東松山市六軒町5-2 )

  費  用 資料代

   主  催 「第4回環境まちづくりフォーラム・埼玉」実行委員会持続可能な開発のための教育の10年推進プロジェクト

   共  催「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)


 当日の予定


  あいさつ森良 「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議理事     10時〜

1.”「持続可能な開発のための教育の10年」って?”   森良 「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議理事

2.持続可能な開発のための教育の10年のさいたまでの取り組み報告       

 (1)地域で持続可能な社会を築こう                            11時〜

 「埼玉エコライフディの取り組みの報告」  川口市民環境会議
 「環境から福祉 ホタルから平和へ−足元からはじめるESD」  東松山市   

  ■ランチブレイク■                                      12時〜  


(2)若者と持続可能な社会を築こう                              13時〜


 「私たちが変わる、私たちが変える」   東京国際大学下羽ゼミナール

 「ボランティアの“わ”をつなげよう」 彩の国学生ボランティアネットワーク

 「バグダッドと埼玉の高校生がテレビ電話で語り合ったこと」 イラク対話プロジェクト

3.ワークショップ”「持続可能なまち」って?”  開発教育協会ユース        14時〜  


4.さいたまで「持続可能な開発のための教育の10年」を推進をしよう!       15時30分〜  

「フォーラムの説明、プログラムの説明、環境への取り組み」
「第4回環境まちづくりフォーラム・埼玉」実行委員会

まとめ・あいさつ  「第4回環境まちづくりフォーラム・埼玉」実行委員会委員長

−−引き続き−−

 「第4回環境まちづくりフォーラム・埼玉」実行委員会                  
16時〜18時  

みんなで「環境まちづくりフォーラム・埼玉」に参加しよう。


呼びかけ人(敬称略・順不同)

 第4回「環境まちづくりフォーラム・埼玉」実行委員会委員長 松本浩一
 彩の国環境大学修了生の会 鳥居貴代美
 東京国際大学国際関係学部教授 下羽友衛
 自由の森学園中学校校長 塩瀬治
 特定非営利活動法人エコ・コミュニケーションセンター 代表 森良
 持続可能な開発のための教育の10年さいたま 代表 長岡素彦     

  連絡先 「第4回環境まちづくりフォーラム・埼玉」実行委員会 持続可能な開発のための教育の10年推進プロジェクト 長岡 

     〒350-1174  埼玉県川越市かすみ野2−8−4 (持続可能な開発のための教育の10年さいたま 内)
     


     持続可能な社会を協働で築こう!(ポスター)  


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 


 持続可能な開発のための教育の10年(ESD)さいたま


  持続可能な開発のための教育の10年(ESD)さいたまはこの第4回環境まちづくりフォーラム「環境まちづくりフォーラム・埼玉」実行委員会に参加しています。
 また、持続可能な開発のための教育の10年(ESD)エンパーメントプログラムを実施していきたいと考えております。

 
 持続可能な開発のための教育の10年(ESD)エンパーメントプログラム


1.「ESDの地域展開の手かがり」の作成

2.自治体行動計画

3.NPOと自治体の協働事業のコラボレーション

4.地域教材づくりのサポート

5.ESD理解セミナー


  持続可能な開発のための教育の10年(ESD)エンパーメントプログラムは森良氏(ECOM代表)が2004月4月の「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)臨時総会で提案されました。
 
 このように
「持続可能な開発のための教育の10年」への取り組みをさいたまでも行うべく、「持続可能な開発のための教育の10年(ESD)さいたま」を始めています。


 持続可能な社会に向けてのこども・若者の参画

 大人が考える「持続可能な社会」や「こどもの参画」はこどもたちの具体的な提案や活動に(こどもの参画)よってより豊かでよいものになっていのではないかと考えています。  
 また、「持続可能な開発のための教育の10年」につきましては昨年設立された「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)に提案し、活動しています。  
 そのために下記のようなプログラムを考えています。

1.対話プロジェクト

 アフガニスタン、イラク対話プロジェクトを他の地域にも展開することによる国民教育の枠を超えたグローバル教育としてのESD推進

2.ICTリテラシープロジェクト

 持続可能な地域の開発における情報をめぐる問題(デジタルデバイド等)を克服するための努力や試みを知り、これに参加できる能力と態度、特に、ICTリテラシィーの検討を行う。特に、国内外の現場が持つ経験をいかしながら「平和を築く学び」も含めて持続可能な地域開発におけるICTリテラシーを構築する。

3.メディアリテラシー教育プロジェクト

 メルプロジェクト、グローバル・エクスプレスなどのメディアリテラシー教育による平和の学びとしてのESD推進



  ご関心のあるかたはご連絡下さい。